コラーゲン注射の種類と特徴

施術にかかるトータルの費用が最小限で済む

ヒアルロン酸よりおすすめ / 施術にかかるトータルの費用が最小限で済む / 即効性のある施術

ヒアルロン酸注入は、くぼみを改善したり皮膚を持ち上げるといった点で優れた効果を発揮します。
しかし皮膚が薄い部位や浅い場所に注入をすると、目立ちやすいという性質も持っていました。
注入量が多すぎると膨らんだように見えてしまったり、段差が生じてしまうリスクもあったのです。
ベビーコラーゲンを使用した注入法なら、ヒアルロン酸では対応できない浅いシワや、皮膚が薄い部位の美容トラブルにも対応することができます。
ふっくらとした自然な仕上がりを、効率的に実現できるようになったのです。
クマが目立っているだけなら化粧によってカバーすることもできますが、細かなシワが生じている場合、ファンデーションやコンシーラーを使用してもよれてしまいがちです。
皮膚がくぼんでいる部分にファンデーション等がたまると、余計に目立ちやすくなってしまいます。
目の下が暗く見える、シワがめだつなどのトラブルをきれいに解消できれば、顔立ちをぱっと明るく見せることができるでしょう。
目の周り、首・額など年齢サインが現れやすい場所は、基本的に皮膚が薄い傾向となっています。
このためヒアルロン酸注入によって症状を改善したくても難しい、という側面がありました。
身体に馴染みやすく凹凸が生じにくい新しい注入法なら、これまで改善が難しいとされてきた加齢サインにも、効果をもたらすことができるでしょう。
注射器を使用した美容注入法は、身体に負担がかかりにくく安全性が高いというメリットを持っています。
外科手術のように皮膚を切開したり縫合するといったことがありませんから、術後に跡が残る心配もほとんどありません。
極細い針によって製剤を注入するため、入院をする必要もないのです。
入院不要ということは、施術にかかるトータルの費用が最小限で済む、ということでもあります。